消費税

らくらく自動水栓ピタップ特集

らくらく自動水栓ピタップ特集 タイトル

■らくらく自動水栓ピタップ特集: 節水効果機能と特徴取付け可能な水栓取付方法仕様

らくらく自動水栓ピタップ概要

らくらく自動水栓ピタップは、蛇口に触れずに水を出したり止めたりできるので、水の止め忘れや水を流したままでの作業といった無駄を無くします。
また、手を触れることがない為、清潔&接触感染対策にもなり、安心して水を使用できます。
手動で今まで通りの使用もOK。節水&清潔なのに便利になる!工事不要の自動水栓です。

らくらく自動水栓ピタップおすすめのポイント 自動水栓ピタップの特徴 自動水栓ピタップの特徴 自動水栓ピタップの節水効果 自動水栓ピタップの動画 自動水栓ピタップの取付方法

自動水栓ピタップのご注文はこちら

このページのトップへ

ピタップの機能と特徴

らくらく自動水栓ピタップの動作

●水を使いたい(自動)<機能UP!>

らくらく自動水栓ピタップ 自動吐水

ピタップの下に手を近づけると、自動的に水が出ます。手を離せば瞬時に自動で水が止まります。

さらに節水!オートストップ機能
水を30秒使い続けると止水します。手を離して再び近づけると続けて使用できます。

●水を長く使いたい(手動)

らくらく自動水栓ピタップ 手動吐水

水をためる場合などは、手動で水を出すことができます。もう一度押すと止まります。

安心・節水!オートストップ機能
前面スイッチで水を出した場合は、止め忘れても10分後に自動的に水が止まります。

ピタップの動作を動画でチェック

このページのトップへ

ピタップの機能と特徴2

細菌やウイルス対策にも

汚れた水栓ハンドルのイメージ画水栓のハンドル・蛇口まわりには、施設内でも大変多くの割合で細菌やウイルスが付着しているといわれています。
せっかくきれいに手を洗っても水を止める時に汚れたハンドルに触れば、汚れの付着や感染の可能性もあります。

らくらく自動水栓ピタップの自動モードは完全非接触、水栓のハンドルを触る必要がないので、大変清潔です。

沢山の人が使用する施設でも安心して水道を利用することができます。

他にもまだある自動水栓ピタップの特徴

らくらく自動水栓ピタップの特徴

必要な部品や工具がフルセット、様々な蛇口に対応&カンタン取付!
工事不要ですぐにご使用可能な後付けタイプ。

らくらく自動水栓ピタップの特徴

手が汚れているときや両手がふさがっているときでも自動水栓なら手

を近づけるだけ。手動機能もついてとにかく便利。

らくらく自動水栓ピタップの特徴

水栓のハンドルに手が届かないチビッコたちも踏み台いらずで楽しく
歯磨きや手洗いができます。

このページのトップへ

ピタップの節水効果

らくらく自動水栓ピタップによる日常生活での節水効果を実験

図のように僅かな時間に流れた水の量を、4人家族の生活シーンを想定して実験・試算しました。
ピタップの使用で、意識せずに水のムダを防ぐことができます。(流水量は毎分5Lで計算)

らくらく自動水栓ピタップ 節水効果

作業 実験内容・条件 節水効果 1日換算 年間節水量
食器洗い1 2人分/油ものが多い場合/全行程341秒
(軽く水洗い→洗剤をつけて洗う→すすぐ)
156秒 1日2回
(4人)
624秒
1と2の平均で算出
528秒×365日

192720秒
=16060L
(16トン)
食器洗い2 2人分/油ものが少ない場合/全行程243秒
(軽く水洗い→洗剤をつけて洗う→すすぐ)
108秒 1日2回
(4人)
432秒
手洗い 石けんを使って洗う/全行程36秒
(水洗い→石けんをつけて洗う→すすぐ)
16秒 1日2回
(4人)
128秒
46720秒
=3893L
(3.8トン)
歯磨き 歯磨き中、水を止めている場合との比較/全行程155秒
(うがいはコップを使用して2回)
19秒 1日2回
(4人)
152秒
55480秒
=4623L
(4.6トン)
顔洗い1 石けんを使用しない/全行程25秒
(両手で水をくみ4回洗う)
16秒 1日1回
(3人)
48秒
1と2の合計で算出
216秒×365日

78840秒
=6570L
(6.5トン)
顔洗い2 石けんを使用/全行程119秒
(3回水洗い→石けんをつけて洗う→7回すすぐ)
84秒 1日2回
(1人)
168秒
合計 31,146リットル
(約31トン)

無駄な水の量をいろんなものに換算

◆そのほか料理中や帰宅時の手洗いうがいなど水を使う時にはいつでも節水!
◆自動で水が止まるので止め忘れ防止による節水効果もあります。

このページのトップへ

取り付け可能な水栓

取付可能な水栓・取付スペース(設置基準)

下記に適合する蛇口で、図(右)の取付スペースがあればメーカーを問わず取付可能です。

自動水栓ピタップ 取付可能な水栓

取付可能な水栓・取付スペース(形状例)

※形状例は一例です。上図の条件にあてはまる水栓には取り付け可能です。

蛇口形状例

このページのトップへ

設置およびご使用に関する注意事項

2ハンドルの混合水栓について

2ハンドルの混合水栓2ハンドルの混合水栓でご使用になる場合は、水か湯のどちらか片方だけを開けて使用してください。但し温度調節装置がない場合は水だけで使用してください。

断熱キャップについて

断熱キャップ蛇口の先端にプラスチックの断熱キャップ(→右図)がついている場合、種類や状態によっては取り付けできない場合がありますので事前にお問い合わせください。

上向き吐水パイプへの取り付けについて

自動水栓ピタップ 上向き吐水パイプ上向きの吐水パイプの場合、吐水口の中心から後ろへ8.5cm測ると吐水パイプに当たることがありますが、ピタップは後部が丸いため、水栓の上向き角度によって、パイプに接触せずに取付けられる水栓と後部が当たってしまう水栓があります。

ピタップの後部が水栓に当たってしまう場合は、後部を左右いずれかに振って斜め向きに取り付ける必要がありますので、注意事項をご確認の上、実際に型紙を当ててお試しください。

型紙を印刷する(PDFファイル:190KB)

型紙印刷の際、印刷ダイアログの「ページの拡大/縮小」欄の設定を「なし」に変更して印刷してください。

このページのトップへ

取り付け方法

泡沫水栓・外ネジ(内ネジも同様に取付けます)

自動水栓ピタップ 取付方法 写真

約30秒間水を空流し後、泡沫金具を取り外します。

自動水栓ピタップ 取付方法 写真

アダプターにホルダーキャップをのせ、コインで締め付けます。

自動水栓ピタップ 取付方法 写真

本体をあてて、ホルダーキャップを締め付けたら完成です。

先がふくらんだ丸型水栓

自動水栓ピタップ 取付方法 写真

約30秒間水を空流し後、ホルダーキャップを蛇口に通します。

自動水栓ピタップ 取付方法 写真

アダプターを六角レンチで全方向均等に締め付けます。

自動水栓ピタップ 取付方法 写真

本体をあてて、ホルダーキャップを締め付けたら完成です。

当社オリジナル写真入り取付解説(無料)を商品とご一緒にお届けします。

このページのトップへ

商品概要・仕様

即日発送可能らくらく自動水栓ピタップは即日発送可能です。>>詳細

uriba.jpオリジナル仕様

製品仕様・価格

売り場ランキング

らくらく自動水栓ピタップ 写真

自動水栓ピタップ360度動画

自動水栓ピタップの動作

センサー感度UP!

感度2段階調節機能搭載!

品名:
らくらく自動水栓ピタップ(3rdモデル)
価格:
9,072円(税込)
5個以上のご注文(/1個) 8,856円(税込)
10個以上のご注文
寸法:
本体 >>
幅107mm×高さ57mm×奥行138mm
質量 >> 288g(電池含む)
仕様:
最大耐水圧 :0.75MPa
最大流水量 :8リットル/分
センサー :反射式赤外線センサー
感知距離 :標準12cm以内/補正10cm以内
前面スイッチ :スイッチで止吐水可能
電池 :単4アルカリ×4本(1日50回で約1年)
バッテリー表示 :交換時期に赤色LED点滅
使用場所 :屋内(屋内温度範囲0℃〜40℃)
水質 :飲料可能な水道水(水温2℃〜50℃)
電磁弁耐久性 :約10万回(想定寿命約5年)
防水(JIS C 0920)規格 :
保護等級7 防浸形相当
日本製(ジーベック・インスツルメント
取扱上
の注意
事項:
この商品は、先止め式(蛇口の先端で水を止める方式)です。洗濯機や食器洗い機などと同様に、長時間使用しない時間帯や外出時には、蛇口側で水を止めてください。

自動水栓ピタップのご注文はこちら

10個以上([10個〜][30個〜][50個〜])で、さらに特別割引実施中。
特別割引はご注文受付時に適用いたします。(5個以上のご注文欄よりご注文ください)
※価格およびお見積書の発行は、0120-841258またはEメールまでお問い合わせください。

セット内容(取付・ご使用に必要な部品・工具フルセット)

らくらく自動水栓ピタップ セット内容

◆本体同梱品
・本体(ストレーナー内蔵)
・各種水栓用アダプター×5種類
(泡沫水栓用4種類+丸型水栓用)
・パッキン(大・小) ・六角レンチ
・取扱説明書 ・取付説明書
・製品保証書(保証期間:お買い上げ日から本体1年間)

uriba特典

・写真入り取付解説+参考資料
・単4アルカリ乾電池×4本
・バリアフリーポッチ ・センサー感度減衰フィルム

・1stモデル(HR-AJS10)…2004年発売((株)タカラ ホームロボシリーズ取扱い当時)
・2ndモデル(HF-JVX1)…2007年発売(異物混入防止パーツ内蔵・漏水対策強化)
・3rdモデル(HF-JVX1)…2011年9月発売(センサー感度強化・感知距離調節機能追加)

このページのトップへ

このページのトップへ